外陰炎の症状と治療

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

外陰炎の原因や症状、治療法について説明しています。

外陰炎の症状と治療

人には言いにくい女性の病気もあります。女性であれば外陰炎は人に相談することは避けたいですし、病院にも気軽に行けるものではありません。外陰炎とはウイルスや細菌あるいはカビなどによって外陰部が感染し、かゆみなどの症状が出る病気です。外陰部というのは大陰唇、小陰唇、陰核、恥丘、外尿道口、膣前庭、会陰など女性性器の周辺のことをいいます。


病気の原因となっているウイルスや細菌やカビは健康なときであれば炎症など起こさないのですが、体力が落ちている時や抵抗力の弱っているときには炎症を起こすことがあるのです。症状はかゆみのほかに、外陰部の腫れや違和感、発赤などもあります。


恥ずかしいからと病院に行きたがらない人も多いですが、外陰炎にかかったときには産婦人科に行ってみましょう。治療をおこなわないと症状が悪化してしまうことも考えられます。産婦人科では外陰炎を起こしている原因を調べ、適応した処置が行われます。かゆみを抑えるために処方されるのはステロイド系や抗ヒスタミン系の軟膏が多いようです。


病気がカンジダ菌によるものである場合には抗真菌性軟膏や座薬が処方されます。自分の判断で薬局などの薬を使っていると見当違いの治療となり症状を悪化させてしまうこともあります。まずは、病院に行ってみましょう。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.