女性特有の臓器に起こる病気・子宮がん

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

女性の子宮に発症する病気である子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)について説明しています。

女性特有の臓器に起こる病気・子宮がん

女性特有の臓器として最たるものは子宮です。最も深刻な"子宮に発症しやすい病気"の一つは子宮がんです。一口に子宮がんとは言っても、腫瘍ができる場所の違いで子宮頸がんと子宮体がんという二種類に分けられます。


他に子宮内膜症や子宮筋腫といった病気も、名前から分かる通り、子宮に発症する病気です。また、子宮そのものに発症する病気ではないものの、月経異常や排卵障害といったものも、女性が抱える病気と言えるでしょう。


子宮頸がんはどういった人たちが発症しやすいのでしょうか。主に40代の女性が発症しやすく、初めての性交渉経験が早い、多くの男性と性交渉経験がある、出産・中絶の回数が多い、といった人たちは比較的この子宮頸がんになりやすいと言われています。しかし現在の医学によって、ほかのがんと同じように早めに治療すれば完治しますし、早期の段階で患部を切除すれば、治療後の妊娠もできます。


子宮がんの別の種類である、子宮体がんはどういった人たちが発症しやすいのかというと、主に50代から60代の閉経を迎えた女性が多く発症しやすいようです。月経が不順である、妊娠経験がない・少ない、肥満、といった人たちがなりやすいと言われており、卵胞ホルモンも関係しているのではないかと考えられています。


ですが、これは欧米人に多く発症し、この点日本人は欧米人に比べるとリスクは低いと言えます。 いずれにしても、初期段階では自覚症状がほとんどないがんですから、初期段階での発見・治療のために、がん検診を定期的に受けることをおすすめします。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.