子宮に腫瘍のできる女性の病気・子宮筋腫

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

子宮の筋肉にできる腫瘍である子宮筋腫の症状や治療について説明しています。

子宮に腫瘍のできる女性の病気・子宮筋腫

子宮筋腫は子宮の筋肉に腫瘍のできる女性の病気です。30歳から50歳くらいまでの女性に多く見られ、反対に思春期を迎える前にはほとんど見られることがないといわれています。 この病気の特徴の一つは無症状であることも多いということです。子宮筋腫がありながら病気に全く気付くことのない女性も大勢いるのです。


ただ、筋腫ができている場所によっては月経時の経血量がとても多かったり、月経以外で出血する不正出血などの症状があることがあります。社会生活に困難をきたすほど生理痛がひどかったり、不妊症の原因や流産の危険性もあります。また、子宮筋腫が大きくなると便秘や頻尿などの症状があらわれることもあります。


自覚症状のない病気であるといっても治療をしなくてもよいというわけではありません。必ずしも治療が必要とは限りませんが、経過を観察し場合によっては治療をする必要もあります。子宮筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなるといわれています。


このためにホルモンの分泌が活発な時期には大きくなり、閉経後にはホルモンの分泌が少なくなるために小さくなってしまいます。薬物治療では擬似的に閉経後の状態を作り出す方法もとられることがあります。検査は超音波エコーで行われます。簡単にできますので、生理痛がひどいときには一度産婦人科で調べてもらうとよいでしょう。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.