乳房にしこりのできる女性の病気・乳腺症

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

乳がんと間違えやすい乳房にしこりのできる病気について説明しています。

乳房にしこりのできる女性の病気・乳腺症

乳房にしこりがあることを発見したり、乳房の形に変化があったり、乳首から分泌物が出ていれば、乳がんかもしれないと慌てる女性も多いことでしょう。しかし、このような症状の見られる病気は乳がんだけではありません。


若い女性によく見られる良性腫瘍の乳腺線維線腫や乳腺葉状腫瘍などは乳がんと間違いやすい病気です。ほとんどの場合、乳腺葉状腫瘍は良性ですが、時として悪性になることもありますので、そうした時は、患部を切除する手術によって処置が施される場合もあります。


しかし、最も乳がんと間違われる病気は乳腺症でしょう。最も割合の高い、乳腺の病気といえます。乳腺症は乳がんと同じようなしこりが症状の一つです。しかし、しこりに痛みを感じない乳がんに対し、乳腺症のしこりは痛みを伴います。月経のはじまる前に特に痛みが強くなる特徴があるようです。


乳腺症は30歳から40歳くらいの授乳経験のない女性に多く見られます。このために、原因はエストロゲンの過剰分泌ではないかと疑われています。乳がんと違って良性である場合には治療を行うこともなく心配する必要もありません。しかし、しこりと見つけたときには乳がんの可能性も考えられるので、一度病院できちんと検査を受けておきましょう。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.