多くの女性がかかる膣の病気・カンジダ膣炎

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

カンジダ菌は人の体内に存在する菌ですから、女性であればカンジダ膣炎にかかる可能性は誰でもあります。

多くの女性がかかる膣の病気・カンジダ膣炎

非常に強いかゆみを伴うカンジダ膣炎は多くの女性が病気にかかった経験があるようです。 カンジダは男性でも感染する病気ですが、男性の場合には大きなかゆみを伴わず症状も表れないために気づかないことが多いようです。


性交渉でも感染することが病気のために性病のひとつととしてのイメージが強いカンジダ膣炎ですが、感染している女性の多くは自己感染によって発症しています。カンジダ菌はもともと身体に常在している無害な菌であり、健康な女性であれば有害な菌となって異常を起こすことはありません。


しかし、体力が落ちている時や体調の悪い時などには異常繁殖し感染してしまうことがあるのです。妊娠中や生理中又は抗生物質を服用しているときなどに発症するケースがよくあります。肥満や糖尿病の人も発症しやすいようです。


カンジダ膣炎を発症すると外陰部のかゆみと腫れ、カッテージチーズのような白いおりものが見られます。症状が進むとかゆみはますます増し我慢しがたいものとなります。カンジダ膣炎の治療は外陰部に抗真菌性の軟膏を塗ることと、膣内に抗真菌性の座薬を挿入して行います。薬を使い出して3日ほどでかゆみがとれてきます。ここで治療をやめてしまう女性も多いようですが、完治するまでお医者さんの指示に従うことが適切です。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.