子宮の病気・子宮脱、子宮下垂

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

子宮の病気の中で子宮が外にでてしまう病気を子宮脱、膣の中に落ちてしまう病気を子宮下垂と言います。

子宮の病気・子宮脱、子宮下垂

女性の病気には子宮を支えていた筋肉が弱くなり外に飛び出してしまうものもあります。子宮が外に飛び出してしまう病気を子宮脱、膣の中に落ち込んでしまう病気を子宮下垂といいます。 子宮は骨盤の底にある筋肉やじん帯また筋膜などの骨盤底筋群によって支えられています。これらが緩んでしまうと支えられなくなった子宮は膣の中に落ち込み、さらに外に出てきてしまうのです。


子宮下垂や子宮脱では、下腹部の不快感や痛みのほか、おりものの増加、腰痛などの症状がみられます。また、便秘がちになったり、尿がでない、頻繁にトイレに行きたくなるなどの症状を訴える女性もいます。子宮下垂や子宮脱の治療として、膣の奥にリング状のベッサリーという器具を挿入することで、下垂している子宮を通常の位置に戻すというものがあります。ペッサリングと呼ばれるこの方法は子宮脱による不快感を取り除くことができます。


ペッサリング以外では手術による治療法もあり、骨盤底形成術や膣式子宮全摘出や膀胱底形成術といった方法があります。病気が起こる要因としては、長時間立っている仕事や下腹に力を入れるような仕事に就いていることや、出産回数の多さや、また、帝王切開時に子宮じん帯を傷つけたことなどがあげられます。骨盤底筋群はホルモンの減少により緩むともいわれており、閉経後の50歳から60歳の女性にも症状がよく見られます。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.