激しい生理痛を伴う女性の病気・子宮内膜症

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

激しい生理痛を伴う病気に子宮内膜症があります。子宮内膜症の原因と症状について説明しています。

激しい生理痛を伴う女性の病気・子宮内膜症

生理痛のつらさは経験した女性でなければわからないものでしょう。痛みの大きさに差はあったとしても生理痛は多くの女性が経験しているのではないでしょうか。しかし、子宮内膜症から起こる痛みは生理痛と比べものにならないほど強い痛みを感じることがあるのです。


子宮内膜症という病気の特徴は下腹にくる猛烈な痛みであり、つらい痛みで歩行さえできず、布団から起き上がれず生理のたびに学校や会社を休まなければならない女性さえいます。 子宮内膜症という病気のメカニズムは次のようなものです。子宮内膜は妊娠準備のために子宮内にできる膜ですがこれが子宮以外にできてしまうのです。


子宮以外にできた子宮内膜も生理が来ると剥がれおちるのですが、子宮内と違い体の外に排出できずに腹腔内にとどまって炎症や痛みの原因となっているのです。どうして子宮以外の場所に子宮内膜ができてしまうのかということは現在のところよくわかっていません。


しかし、生理のたびに体の外に出ていくべきものが腹腔内に溜っていくことで症状が進行するために、初潮が早く閉経年齢が遅い、また、一生のうちに産む子供の人数が減り妊娠回数が少なくなったため現代の女性は生理の回数が増えていることもこの病気が増えている理由だと考えられています。生理痛が激しく痛み止めが手放せないという方は、いちど婦人科を受診されてみてはいかがでしょうか。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.