月経以外の出血は病気の兆候?

女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法-

毎月の月経以外に出血が長く続く場合、女性特有の病気である可能性があります。子宮の病気が原因となっている不正出血は・・・

月経以外の出血は病気の兆候?

月経以外で出血がみられる女性は何かの病気である可能性があります。月に1回の月経ではないときに出血することは"不正出血"と呼ばれます。必ずしも問題のある症状ではなく、排卵のときや着床のときにも見られることがあります。


しかし、何らかの病気が原因となり出血していることもあるので長く続く不正出血が見られる女性は念のために病院で診察を受けた方が良いでしょう。可能性の一つには女性ホルモンのバランスが崩れていることが考えられます。


ホルモンのバランスが崩れると機能性子宮出血という症状がおこることがあるのです。
機能性子宮出血の場合には貧血などの症状がみられないときには経過観察として治療をおこなわないこともあるようです。


また、卵管炎、子宮内膜症、子宮がんや子宮頚管ポリープなど、子宮の病気が原因となていることもあります。このような不正出血は器質性子宮出血と呼ばれています。クラミジアなどの性感染症が原因となっている場合には性器不正出血と呼ばれています。


月経以外で出血が続いている場合には、自分勝手な判断をせず病院で原因を突き止めましょう。病院では、超音波エコーや子宮鏡検査などで病気によるものかどうかを確かめます。

Copyright 2008-2014 女性の病気と健康-女性特有の病気 症状と治療法- All Rights Reserved.